糖尿病になりやすいかた

遺伝から糖尿病になりやすいかたがいらっしゃいます。
だからといって、落ち込んだり諦めたりする必要はありません。
早いうちから、GI値の低い食べ物を食べるように心がけたり、間食をしないように心がけたり、日常的に運動することを心がけたりすることによって、糖尿病の発症を抑えることは充分可能です。
一方、健康なかたであっても、生活習慣や食生活の乱れから糖尿病になるかたは多いです。
どのような生活をしていると糖尿病になりやすいかを挙げてみますので、当てはまるかたは改善するよう心がけてください。
・体重がかなり多いかた
・最近になり急激に体重が増えたかた
・親や兄弟姉妹が糖尿病であるかた
・明らかに運動不足であるかた
・野菜や果物、海藻、きのこ類の摂取が少ないかた
・おなかがすきやすいかた
・間食の回数が多いかた
・早食いのかた
・炭水化物をたくさん食べるかた
・朝食を食べないかた
・夕食がかなり遅い時間のかた
・高血圧のかた
・喫煙者のかた
・お酒をたくさん飲むかた
これらが複数当てはまるかたもかなりいらっしゃるかと思いますが、複数当てはまるかたは、早急に食事の習慣や生活習慣を改める必要がありますね。
一度に改善するのが難しい場合は、少しずつでも良いので変えてゆきましょう。
食事の早食いをやめることや、野菜や果物、海藻、きのこを食事にとりいれることなどは、すぐに出来ることと思います。
間食を今よりも1回減らすことや、1回分の量を減らすことなども、すぐに出来そうではないですか。
朝食を食べない習慣が身に着いているかたは、朝食として果物や野菜を食べてみるなどもおすすめです。
次の症状が、すでにあるかたは、すでに糖尿病になっている、もしくは予備軍の可能性もありますので、検査をしてみると同時に、早急に食事を変え、日々の暮らしに軽い運動を加えましょう。
・尿がちかく、睡眠中に何度かトイレに起きる
・のどが渇きやすい
・体重が減ってきた
いかがですか。
あなたやご家族に当てはまる症状はありませんでしたか。
これらの症状は、GI値が低い食べ物とともに、覚えておくと良いですよ。
また、なかなか急にやめるのは難しいでしょうが、タバコやお酒も量を減らしてゆくよう心がけましょう。