幽霊が映る鏡

伝統の怪談我が家に代々伝わる伝統の階段がある鏡の女の階段だ。
丸い形の鏡が飾られているある屋敷の話その丸い鏡には夜な夜な女の姿が映る。
その名は屋敷の主人に殺された女なのである。
女は主人に思い出してもらいたくて一生鏡の中から主人のことを見つめ続けたと言うとお母さんから聞いた。
そんな話を私は娘にしてみたのだが娘に全然怖くないと言われてしまった。
それはそうだろうこんな感じの階段が誕生してからもう長い時間が過ぎた今では幽霊は下層の存在ではなく実際に見える存在になっている。
私たちが子供の頃はそんなこと信じられなかったのだが人類の進化によりこの世をうろうろしている幽霊が実際に見れるようになったのだ思うなんかも実際に幽霊がやってくるので先ほどの鏡に映る女の話などは特に強くもない幽霊だって鏡にくらい映るんじゃないといった調子である娘は生まれた時から幽霊が見えるいわゆる幽霊ネイティブだから幽霊が鏡に映って見えるなんて話では怖がらないのだ。
じゃあさあ鏡に何が見えたら怖い私がそう聞くと娘は真剣な表情でこう答えた寝起きのまま。