一緒に働く人のモラルの低さにガッカリ

お弁当屋さんの事務をしていました。仕事は特に複雑なことはありませんでしたが、働いている人達はかなり気が強い人達の集まりで朝の注文取りの忙しい時間は毎日かなり殺気立った雰囲気でした。
元々いた事務の人に仕事を日々教えてもらっていましたが、かなり起伏の激しい人で現場の人達には横柄な態度を取ることもしばしばでした。
その人が遅刻してくるというので、いるメンバーで一生懸命仕事をしていましたが、忙しい時間帯に注文の入力方法を間違ってしまいました。
すると出社した彼女はいきなり「なんで余計なことをするんですか。
もう一生この入力しないで!」と言ってきました。確かにミスをしたことは申し訳なかったと思っていますが、一生この入力をするなとはひどい発言です。
クレーム対応を確認した際も「私が処理したからもういいんです!」と言われてきちんと教えてもらえませんでした。
一緒に働くメンバーとしてモラルの低さにガッカリしてここで仕事を続けていくのは難しいと感じました。
会社を辞めたいと思ったのは、いわゆるブラック企業で精神的に辛くなった為です。
当時、定期的な出張も多く、見ず知らずの地で営業活動をしなければならず右も左も分からない状況でした。
営業活動で困ったら先輩や上司に電話して相談をするのですが、最終的には一人ですべてを行わなければなりません。孤独との戦いです。
また、上司や先輩からの指導というのも根性論が多く人格を否定されます。
『売れてない人間は売れるまで帰るな!』『体調を崩すなんてやる気がないからだ!』と言うようなことを言われ続け『自分はダメな人間なんだ』と強く感じるようになりました。
そんな中、先輩社員の出張に同席した際に、携帯の中身を盗み見られるという事件が起きました。
当事者でしか知り得ない情報を上層部にバラされ、人間不信になりましたし、こんな社員がいる会社でこれ以上働けないと思ったからです。
仕事 辞める なら 早い 方 が いい