トリマーになるにはどうしたらいい?

ペットに関するお仕事の中で、ペットトリマーは人気の職業ですよね。トリマーのお仕事は、犬や猫の毛をカットをして、スタイリングするお仕事です。他にも、ブラッシングやシャンプー、爪切り、耳掃除、健康チェックのお仕事もあります。
ペットトリマーの主な就職先は、動物病院やペットショップ、ペットサロンなどがあります。参考までに、ペットサロンで正社員として働いた場合、お給料は月に14~20万円くらいになります。
では、ペットトリマーになるためには、どうすればいいのでしょうか。
トリマーになるためには、資格が必ず必要というわけではありません。しかし、独学でトリマーの勉強をして、仕事をしていくのは難しいでしょう。トリマーとして仕事をするには、動物に関する、病気や栄養、飼育方法などの専門的知識が必要となってくるからです。また、資格がなくても就職はできますが、資格を取得していると就職に有利になります。開業やサロンに就職したい場合、資格はペットトリマーのスキルを証明するものになります。
そこで、ペットトリマーの資格について紹介します。ペットトリマーの資格は民間資格で、種類が沢山あります。代表的な資格としてジャパンケネルクラブ認定の「JKCトリマー資格」があります。資格を取得するには、方法が2種類あります。
まず、JKC公認の養成学校に入学することです。JKC公認の養成学校に入学して、所定のカリキュラムを終了し、卒業試験に合格すると、C級資格を取得できます。その後は、B級、A級と上級の資格にチャレンジすることもできます。
次に、独学で勉強する方法です。満18歳以上で、2年間以上JKCに入会している人は、独学で勉強しても、JKCが実施している資格取得試験に合格すれば、C級資格を取得することができます。実際、ペットサロンでアルバイトしながら、合格を目指す人もいるんです。
ペットトリマーは手に職がつく人気の職業です。仕事や子育てで忙しい女性でも学びやすい資格となっているので、ぜひチャレンジしてみてください。