ステインケアはわかっていても長続きしないよね

これからステインのケアを利用したいという人にとって、「天敵」と言えるのが喫煙です。とりわけ、ホームステインのケア(自宅で行うちゅらトゥース)のように、一度の施術ではなく何度も繰り返して黄ばみのケアをしていく場合は、日々処置を進める分だけ煙草で悪化してしまうということもあります。
このため、ちゅらトゥースを成功させたいなら禁煙を徹底することが必須条件くらいに思っておきましょう。また、薬用医院に通ってリンゴ酸を行っているというときも、禁煙するのが無難といえます。
薬用ホワイトニングに付き物の悩みとして、ホワイトニング期間中に周りの人から口臭を指摘されるという話をよく耳にします。
器具の間に挟まった食べ物は、歯磨きでも取りきれないことが多いですから。あくまでホワイトニングが完了するまでの限定的な臭いなのですが、口臭が周りの人を不快にさせるのも確かです。ホワイトニング器具を付けている間は、歯磨きやマウスウォッシュを携帯し、小まめな口内ケアをしておくことをお勧めします。黄ばみのケアも万全ではありません。思った以上に白くならないこともありますし、部位によって色が違ってしまうこともあります。
歯の状態や、日々の食事や喫煙習慣など、人によってさまざまな原因がありえます。
そんな方もご安心を。時間は長くなりますが、繰り返しのちゅらトゥースで効果は得られます。
研磨剤未使用を直す薬用ホワイトニングと同じように、憧れの綺麗な歯を実現するまでの時間も患者さん一人一人の体質によって異なるのです。
以前に比べて薬用ホワイトニングをしている方も増えてきていますから、研磨剤未使用の治療に興味を持つ方も増えているのではないでしょうか。しかし、薬用ホワイトニングにおけるリスクも心得ておいてください。
薬用ホワイトニングは、長年定着している研磨剤未使用を器具を使って無理に動かすわけですから、歯や歯茎、それを支えている骨にまで強いストレスを与えている状態になるわけです。
口元を整えるために歯の痛みを我慢してでも最後までやる、と決めつけて無理に続けることにならないように注意してください。痛みや違和感を我慢していては逆効果になってしまいます。